ADR認定調査士が境界の悩みをサポートします

『不動産登記』


土地家屋調査士は、所有者に代理して、不動産の表示に関する登記手続きを行います。
また関連業務として、登記手続きに必要な不動産の調査・測量を行います。



『建物登記』
1.建物表題登記・・・・・・・建物を新築したとき
2.建物滅失登記・・・・・・・建物を解体したとき
3.建物表題変更登記・・・建物を改築・増築したとき


『土地登記』
4.土地分筆登記・・・・・・・土地を売買・相続する時に数筆に分割するとき
5.土地合筆登記・・・・・・・数筆の土地を一筆にしたいとき
6.土地地目変更登記・・・農地などを宅地に地目変更するとき
7.土地地積更正登記・・・登記面積と現地の面積が相違するとき
8.地図訂正申出・・・・・・・法務局の公図に誤りがあるとき

メインメニュー